« 除雪ボランティア(初日その5)@長岡市 | トップページ | 除雪ボランティア(帰宅して翌日)@長岡市 »

2006.01.16

除雪ボランティア(最終日)@長岡市

朝、背中がバキバキしながら目が覚めた。この痛みとの付き合いも、数日続くことだろう。

東京より寒さを感じない。風が吹かないのと、雪に囲まれているからだと思う。

ボランティアセンターに到着すると、救援物資の搬入をしていた。バケツリレー方式で手伝う。

その後、車で20分程揺られて到着した大滝という地域の仮設住宅で、除雪のお手伝い。ブルドーザー等の重機が活躍するなか、スノーダンプでお手伝い。重機の活躍で、人力の何十倍もはかどる。あっと云う間に雪の山が片付いていく。

午前中で、現場を離れ、別れの挨拶をすませてから、長岡駅に向かう。

話は変わるが、長岡市内には仮設住宅が20ヶ所程ある。ボランティアセンターに隣接しているところでは、入居率は7割り程。これが多いか少ないかは分からないが、ここで暮らして1年以上になる方々の生活は、今後どうなっていくのだろうか。

帰る場所のある安心感を再確認しつつ、ふと想う。

IMG_3110_1  

|

« 除雪ボランティア(初日その5)@長岡市 | トップページ | 除雪ボランティア(帰宅して翌日)@長岡市 »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 除雪ボランティア(最終日)@長岡市:

« 除雪ボランティア(初日その5)@長岡市 | トップページ | 除雪ボランティア(帰宅して翌日)@長岡市 »