« 鱒釣り | トップページ | インドネシア・ジャワ中部地震 »

2006.05.27

行革推進法などが成立

朝日新聞の記事によると、

「行政改革推進法が26日午前、参院本会議で自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。「簡素で効率的な政府」に向け、政府の規模を縮めるため今後10年間にわたる数値目標を掲げている。歳出削減の徹底は、将来の増税をにらんだ環境整備という側面もある。

 同法は政府系金融改革、独立行政法人見直し、特別会計改革、公務員総人件費削減、国の資産債務圧縮の5分野が柱。5年間で国家公務員の定員を5%以上純減することや、08年度に8政府系金融機関を一つに統廃合することなどを明記している。

 また、規制改革の一環として役所が手がけてきたサービスを官民競争入札にかける「市場化テスト」を導入する公共サービス改革法や、所管省庁別の許可制を廃止する公益法人制度改革関連3法も成立した。公共サービス改革法と公益法人3法には、民主党も賛成した。」

|

« 鱒釣り | トップページ | インドネシア・ジャワ中部地震 »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行革推進法などが成立:

« 鱒釣り | トップページ | インドネシア・ジャワ中部地震 »