« 試聴「君という名の翼」 | トップページ | 練馬区勤労福祉会館 »

2006.07.22

ポル・ポト派のタ・モク元参謀総長が死亡

朝日新聞の記事によると

「70年代のカンボジアで自国民を大量虐殺したポル・ポト政権のタ・モク元参謀総長(80)が21日、プノンペンの病院で死亡した。弁護士が明らかにした。元参謀総長は虐殺に主導的な役割を果たしたとされ、同政権の元幹部らを裁く特別法廷への訴追が確実視されていた。法廷は10日に検察官が活動を始めたばかりで、元幹部らの高齢化が進む中、速やかな訴追と審理を求める声が高まるのは必至だ。」

|

« 試聴「君という名の翼」 | トップページ | 練馬区勤労福祉会館 »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポル・ポト派のタ・モク元参謀総長が死亡:

« 試聴「君という名の翼」 | トップページ | 練馬区勤労福祉会館 »