« 実踏 | トップページ | DOUBLE "SPRING LOVE" »

2007.04.28

再来年のNHK大河ドラマは異色の武将・直江兼続が主人公

サンケイスポーツの記事によると

NHKは26日、平成21年放送の大河ドラマが戦国武将、上杉景勝の家臣、直江兼続(なおえ・かねつぐ、1560−1619年)が主人公の「天地人(てんちじん)」に決まったと発表した。原作は火坂雅志さんの同名小説で、放送中の連続テレビ小説「どんど晴れ」を手がける小松江里子さん(45)が脚本を担当する。
 兼続は、少年時代に上杉謙信の薫陶を受け、義の精神を受け継ぎ、景勝に仕えた。その人間性と才気から、豊臣秀吉に家臣に請われ、伊達政宗にはライバル視され、徳川家康は時代になびかない兼続の義の精神を恐れたといわれる。」

おおっ、大河ドラマ関連で検索でこられた皆さま。残念ながら、こちらは、個人運営のBlogで、大河ドラマとは当方と一切関係ありません。御了承願います

|

« 実踏 | トップページ | DOUBLE "SPRING LOVE" »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68498/14877032

この記事へのトラックバック一覧です: 再来年のNHK大河ドラマは異色の武将・直江兼続が主人公:

« 実踏 | トップページ | DOUBLE "SPRING LOVE" »