« 新型老健施設は終末期も対応 厚労省、療養病床転換促す | トップページ | 肉だんご定食 »

2007.04.15

三重県亀山市で震度5強・5人けが

NIKKEI NETの記事によると、

「5日午後零時19分ごろ、三重県北部を中心に強い地震があり、同県亀山市で震度5強、鈴鹿市、津市、伊賀市で震度5弱を記録したほか関東地方から中国・四国地方の一部まで広い範囲で揺れを観測した。三重県や京都府などで計5人がけがをした。鉄道が一時運転を見合わせるなど交通機関にも影響がでた。」

能登半島地震
に引き続き、大きな地震が続くと嫌ですね。石川県では、引き続き災害対策ボランティア本部が設置されているようです。

|

« 新型老健施設は終末期も対応 厚労省、療養病床転換促す | トップページ | 肉だんご定食 »

ボランティア」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三重県亀山市で震度5強・5人けが:

« 新型老健施設は終末期も対応 厚労省、療養病床転換促す | トップページ | 肉だんご定食 »