« 肉だんご定食 | トップページ | 2006コブクロファンフェスタに伴うバス時刻表 »

2007.04.16

地震被災地でも活躍の簡易トイレ

エキサイトニュースの記事によると

「これは、排尿・排便をワンプッシュで個包装に「ラップ」して「ポン」と捨てるトイレのこと。
 電源があればどこにでも設置でき、水を一切必要としない。そのため、「災害地で活躍できるのでは?」ということから、日本セイフティー株式会社が能登半島地震のニュースを見て、この「ラップポン」50台と、専用の消耗品500セット(約25000回分)総額約1000万円分を無償で提供したのだという。」

もし、ライフラインが復旧していない場合、電源が必要なのが気になりますが、多量の水が一切不要なので、いいのではないでしょうか。

|

« 肉だんご定食 | トップページ | 2006コブクロファンフェスタに伴うバス時刻表 »

ボランティア」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震被災地でも活躍の簡易トイレ:

« 肉だんご定食 | トップページ | 2006コブクロファンフェスタに伴うバス時刻表 »