« 冷やしラーメン定食 | トップページ | 平成19年度東京都介護支援専門員実務研修受講試験 »

2007.05.29

「ドラえもん」最終話、勝手に出版した男性が謝罪

gooニュースの記事によると、

「「ドラえもん」最終話、勝手に出版した男性が謝罪

 電池切れで動かなくなったドラえもんを、35年後にロボット工学の第一人者になったのび太がよみがえらせた——。藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の「最終話」と称する冊子が出回っている。「ドラえもん」の出版元の小学館は29日までに、無断で漫画化して出版した男性(37)が、同社と藤子プロに謝罪して今後同様のことをしない旨を誓約、不当な利益を得たことを認め、売上金の一部を支払ったことを明らかにした。」

かなり昔に、ネット上に流れた話を出版化したんですね。

|

« 冷やしラーメン定食 | トップページ | 平成19年度東京都介護支援専門員実務研修受講試験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68498/15245872

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドラえもん」最終話、勝手に出版した男性が謝罪:

« 冷やしラーメン定食 | トップページ | 平成19年度東京都介護支援専門員実務研修受講試験 »