« 「住工混在」摩擦打開へ動く──府・堺市、9月にも実態調査 | トップページ | 野菜中心定食(4) »

2007.07.14

「環境コミュニティ・ビジネス」モデル事業、19年度対象案件として8件採択

EICネットの記事によると

経済産業省は平成19年7月11日までに、事業者とNPO・市民が地域で連携して行う「環境コミュニティ・ビジネス」モデル事業の19年度対象案件として8件の採択を決定した。
 このモデル事業は産業構造審議会の環境部会産業と環境小委員会が15年4月にまとめた中間報告「環境立国宣言」の提言を踏まえて実施されているもので、「環境コミュニティ・ビジネス」の内容としては、中小企業などとNPO・市民が連携して行う地域の環境改善活動のうち、経済的に自立でき、事業終了後も継続して実施できる可能性が高い活動を想定している。」

|

« 「住工混在」摩擦打開へ動く──府・堺市、9月にも実態調査 | トップページ | 野菜中心定食(4) »

コミュニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「環境コミュニティ・ビジネス」モデル事業、19年度対象案件として8件採択:

« 「住工混在」摩擦打開へ動く──府・堺市、9月にも実態調査 | トップページ | 野菜中心定食(4) »