« フランス:コミュニティの結束を強める移民の商売 | トップページ | てんかんの対応 »

2007.07.09

療養病床の削減促進、介護報酬改定1年前倒し 厚労省

朝日新聞の記事によると

「慢性疾患のお年寄りが長期入院する療養病床を減らし、新型の老人保健施設(老健)などへの転換を促すため、厚生労働省は介護報酬改定の一部を1年前倒しし、08年春に行う方針を固めた。新型老健などの報酬単価を優遇する。また、転換の足かせとされてきた施設別の増設枠を撤廃し、地域の総枠のなかで老健や特別養護老人ホームなどを自由につくれるようにする。療養病床の削減分を他施設の増設に充てられるようにし、削減・転換を加速させる考えだ。」

|

« フランス:コミュニティの結束を強める移民の商売 | トップページ | てんかんの対応 »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 療養病床の削減促進、介護報酬改定1年前倒し 厚労省:

« フランス:コミュニティの結束を強める移民の商売 | トップページ | てんかんの対応 »