« 多田容子さん | トップページ | 若者以外もキレる「暴走老人」 »

2007.09.09

道路寸断488人が孤立 台風9号で群馬・南牧村

朝日新聞の記事によると

「台風9号の影響による土砂崩れで道路の寸断が相次ぎ、一部の地域が「陸の孤島」と化した群馬県南牧村(なんもくむら)で、孤立状態を余儀なくされている住民は、大塩沢など4地区の226世帯488人にのぼることが8日、村の調べでわかった。応急工事で8日昼までに徒歩による往来は可能になったが、同村は65歳以上の高齢者比率が54%を超えて全国1位。高齢の住民が停電や断水で、救援物資や炊き出しに頼る生活を強いられている。南牧村は県に対し、自衛隊に災害派遣を要請するよう求めた。」

|

« 多田容子さん | トップページ | 若者以外もキレる「暴走老人」 »

ボランティア」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道路寸断488人が孤立 台風9号で群馬・南牧村:

» 災害を検証する [災害への対策]
少しでも災害が小規模のもであるように、対策をしていくことしかありません。 [続きを読む]

受信: 2007.09.09 11:59

« 多田容子さん | トップページ | 若者以外もキレる「暴走老人」 »