«  中国の造語に「奴隷」という言葉が増えている 言葉で考える社会の変化 | トップページ | JOYSOUND »

2007.11.04

眼鏡、きちんと洗っていますか

エキサイト・ニュースの記事より

「その名も「メガネのシャンプー」。ミントの香り付き、とまるで洗剤のような容器が目印だ。

 使い方は眼鏡全体にぷしゅっと吹きかけて、すぐに“水”で洗い流すだけ。ふわふわの泡立ちはまさにシャンプーのよう。細かい泡がしっかり汚れを包むためクロス系では落とせない細かい部分まで洗い落とせる、というのがウリ。よほどひどい汚れでない限りこすり洗いは必要なく、さらに数秒で洗浄できるので面倒くさがり屋にも心強い。

 もちろん度あり度なし、どちらの眼鏡にも利用可能だ。ただしべっ甲・革・木製・宝石・貴金属がついたフレームには使えないので、自分の眼鏡のタイプを調べた上で利用したい。」

 長年、眼鏡派なので、気になっている商品です。
 あまり見かけないけれど、どこで売っているのかしら?

|

«  中国の造語に「奴隷」という言葉が増えている 言葉で考える社会の変化 | トップページ | JOYSOUND »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68498/16969225

この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡、きちんと洗っていますか:

«  中国の造語に「奴隷」という言葉が増えている 言葉で考える社会の変化 | トップページ | JOYSOUND »