« まちづくりプランを策定 | トップページ | Leopard搭載の新MacBook発売開始 »

2007.11.01

大阪直下の上町断層帯地震で死者4万2千人 国が想定

朝日新聞の記事によると

「大阪府の中央部を南北に走る上町断層帯で地震が発生した場合、最大で4万2千人が死亡し、97万棟が全壊する——。国の中央防災会議の専門調査会が1日、近畿や中部地方の内陸直下型地震の被害想定を発表した。死者数は、首都直下地震の想定最大1万3千人を大きく上回り、これまで国がまとめた被害想定では最悪の予測となった。独自に被害想定に取り組んできた各府県の地域防災計画にも大きな影響を与えかねない結果だ。」

|

« まちづくりプランを策定 | トップページ | Leopard搭載の新MacBook発売開始 »

ボランティア」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪直下の上町断層帯地震で死者4万2千人 国が想定:

» 西宮検定 [☆ミスログ☆]
私は大学で『西宮フィールドワーク』という授業を受講しているのですが、そこで『西宮検定』という新しい事業モデルを考えています。 ? 以下に西宮検定の詳細を載せておきます。 ? 『西宮検定に「よる地域産業・経済の活性化』 ? [事業] 学生により作成される西宮検定を通... [続きを読む]

受信: 2007.11.02 16:55

» ■大阪直下型地震⇒上町断層の被害想定は4万人、首都圏直下型を... [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに 平成17年9月に首都直下地震の被害想定が、死者約1万3000人、倒壊・焼失建物約85万棟と発表され、その数字に驚かされた。今日、国の中央防災会議の専門調査会から近畿圏や中部圏で発生する恐れのある13カ所の内陸直下地震の被害想定が発表され、...... [続きを読む]

受信: 2007.11.02 19:31

« まちづくりプランを策定 | トップページ | Leopard搭載の新MacBook発売開始 »