« 地域ぐるみ防災不可欠 中央防災会議の大地震被害想定 | トップページ | 小平と東村山のうた »

2008.02.19

特定観測地域、地震予知連が廃止 「意義薄れた」

朝日新聞の記事による

地震予知連絡会(会長=大竹政和・東北大名誉教授)は18日、30年以上にわたって地震観測の重点対象としてきた「特定観測地域」と「観測強化地域」を廃止することを決めた。95年の阪神大震災を受けて高密度の観測態勢が全国に広がったことや、被害地震が両地域に限ったことではないことなどから、特定の地域を重点観測する意義が薄れたためとしている。」

|

« 地域ぐるみ防災不可欠 中央防災会議の大地震被害想定 | トップページ | 小平と東村山のうた »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特定観測地域、地震予知連が廃止 「意義薄れた」:

« 地域ぐるみ防災不可欠 中央防災会議の大地震被害想定 | トップページ | 小平と東村山のうた »