« これからの地域福祉のあり方に関する研究会が報告書提出へ | トップページ | 聘珍樓の杏仁布甸 »

2008.04.08

裁判員制度、施行は来年5月21日 公判は7月下旬から

朝日新聞の記事によると

「法務省は8日、来年から市民が刑事裁判に参加する裁判員制度の施行日を、裁判員法が成立した「5月21日」に決めた。政府は来週にも施行日を定める政令を閣議決定する。施行日以降に起訴された重大事件が対象で、実際に裁判員裁判が開かれるのは「来年7月下旬〜8月上旬」になると見られている。

 裁判員法は、政府と最高裁が市民の理解と関心を高め、「円滑かつ適正に」制度が始められるかを見極めたうえで、04年5月28日の公布から5年以内に施行することになっていた。内閣府や最高裁の調査で6割が参加の意向を示していることを踏まえ、「できる限り時間をかけて広報活動を行う必要がある」(政府関係者)として、期限の5月27日に近く、法律が成立した21日が選ばれた。」

|

« これからの地域福祉のあり方に関する研究会が報告書提出へ | トップページ | 聘珍樓の杏仁布甸 »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度、施行は来年5月21日 公判は7月下旬から:

« これからの地域福祉のあり方に関する研究会が報告書提出へ | トップページ | 聘珍樓の杏仁布甸 »