« カツオ君を育てる地域社会 | トップページ | 「福祉支える人育てて」 精華で福祉フォーラム »

2008.04.22

低所得者に年金上乗せ検討 財源1兆円が課題 厚労省

朝日新聞の記事によると

「所得が低く受け取る年金も少ない人に公費で支給額を増やす制度について、厚生労働省が検討を始めた。「25年以上加入」という条件を緩和し、現役時代の未納により無年金の人に年金を支給することも検討する。2010年度以降の実施を目指すが、1兆円を超す税財源の確保が課題だ。

 22日に開く社会保障審議会年金部会で本格的な議論を始める。国民年金は現役時代に、免除期間も含めて保険料を25年以上払うと支給される。支給額は期間によって決まり、40年間で満額(月額6万6千円)もらえる。25年未満だと年金は支給されない。

 社会保険庁の調べでは、国民年金のみで月額3万円以下の人は103万人。その9割が女性だ。また、無年金もしくは65歳を迎えても年金をもらえない人は118万人いる。」

|

« カツオ君を育てる地域社会 | トップページ | 「福祉支える人育てて」 精華で福祉フォーラム »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低所得者に年金上乗せ検討 財源1兆円が課題 厚労省:

« カツオ君を育てる地域社会 | トップページ | 「福祉支える人育てて」 精華で福祉フォーラム »