« 聘珍樓の杏仁布甸 | トップページ | チームコブクロからのラブレター »

2008.04.09

中田武仁さん、国連ボランティア名誉大使を勇退

朝日新聞の記事によると

「息子の遺志を引き継ぎ、15年にわたって国連ボランティア名誉大使を務めてきた中田武仁さん(70)が名誉大使を勇退することになり、都内の国連大学で8日、記念式典が開かれた。この日は息子・厚仁さん(当時25)の16回目の命日。会見では「15年間、硬い岩をノミとツチで砕いていく日々だったが、成果については確かな手応えがあった。厚仁には、お父さんはベストを尽くしたよと報告した」と勇退を決めた心境を述べた。

 厚仁さんは93年4月8日、カンボジア中部コンポントム州で、国連ボランティアの選挙監視員として活動中に凶弾に倒れた。「私には厚仁の人生も生きる義務がある」と、中田さんは商社を退職し、公益信託「中田厚仁記念基金」を創設。同年6月、世界でただ一人の国連ボランティア名誉大使に就任した。50カ国以上の活動現場を訪れ、ボランティアを激励。国内外で3500回の講演を重ねてきた。」

|

« 聘珍樓の杏仁布甸 | トップページ | チームコブクロからのラブレター »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中田武仁さん、国連ボランティア名誉大使を勇退:

« 聘珍樓の杏仁布甸 | トップページ | チームコブクロからのラブレター »