« ドラクエ風ステータス | トップページ | 海菜寺 »

2008.06.21

チャウ・シンチーの新作「ミラクル7号」は、シンチーと養女シュー・チャオの父子愛がテーマのSFコメディ!

MovieWalker レポート 【合同インタビュー】によると、

「「ギャグ・シーンの撮影は簡単なんだよ。僕はあまり気に入ってないけど(笑)」(チャウ・シンチー)

 「少林サッカー」(2001)、「カンフーハッスル」(2004)でおなじみ、香港映画界いやアジア映画界・最大級のヒット・メーカー、チャウ・シンチーが監督・主演を兼ねた新作「ミラクル7号」がついに日本上陸!
 シンチーと本作で息子役を演じるシュー・チャオが揃って来日した。映画では男の子役だが、実はシュー・チャオ自身れっきとした女の子。そして実生活でも養女に迎えたほど、シンチーが演技の才能に惚れ込んだ逸材でもある。」

新作「ミラクル7号」は、6月28日(土)より全国ロードショー
巨大スクリーンで観たい作品です。
 

|

« ドラクエ風ステータス | トップページ | 海菜寺 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャウ・シンチーの新作「ミラクル7号」は、シンチーと養女シュー・チャオの父子愛がテーマのSFコメディ!:

« ドラクエ風ステータス | トップページ | 海菜寺 »