« 中越での被災者ケア、四川で生かす 新潟の臨床心理士ら | トップページ | 税制改正議論始まる、消費税上げ道筋が焦点…自民税調 »

2008.06.30

イエン・サリ元副首相出廷、拘置所からの釈放請求

CNNの記事によると

「プノンペン(AP) 1970年代に国民を大量虐殺したカンボジアのポル・ポト政権元幹部で、戦争犯罪や人道罪で訴追されているイエン・サリ元副首相(82)は6月30日、拘置所からの釈放請求の審理のため、カンボジア特別法廷に出廷した。

元副首相と妻イエン・チリト元社会問題相は、特別法廷によって拘束・訴追されたポト派元幹部5人のうちに含まれている。刑事責任を追及する1審の審理は9月開始の予定。元副首相は訴追が「受け入れ難い」として、証拠の提示を求めたとされる。」

|

« 中越での被災者ケア、四川で生かす 新潟の臨床心理士ら | トップページ | 税制改正議論始まる、消費税上げ道筋が焦点…自民税調 »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエン・サリ元副首相出廷、拘置所からの釈放請求:

« 中越での被災者ケア、四川で生かす 新潟の臨床心理士ら | トップページ | 税制改正議論始まる、消費税上げ道筋が焦点…自民税調 »