« 岩手・宮城地震:地震名変更を…大崎市長が風評被害指摘 | トップページ | 仮設の1次入居10戸決定 高齢者や障害者を優先 宮城県栗原市 »

2008.07.08

カンボジアのクメール寺院、世界遺産登録決まる

朝日新聞の記事によると

「カナダ・ケベックで開かれているユネスコの世界遺産委員会は7日(日本時間8日未明)、カンボジアが申請していたクメール寺院、プレアビヒア(タイ名=カオ・プラビーハン)の世界遺産登録を決めた。

 同遺跡周辺の領有権をめぐって争うタイ政府が、いったん登録に同意した後に撤回した経緯があり、「失策」を批判する反政府団体は内閣総辞職を求めている。不安定なタイの政局がさらに混迷する雲行きだ。

 遺跡は9世紀に建設が始まり、アンコールワットより長い歴史を持つ。内戦でポル・ポト派の拠点となり、数多く埋められた地雷の除去作業が進められてきた。」

|

« 岩手・宮城地震:地震名変更を…大崎市長が風評被害指摘 | トップページ | 仮設の1次入居10戸決定 高齢者や障害者を優先 宮城県栗原市 »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアのクメール寺院、世界遺産登録決まる:

« 岩手・宮城地震:地震名変更を…大崎市長が風評被害指摘 | トップページ | 仮設の1次入居10戸決定 高齢者や障害者を優先 宮城県栗原市 »