« 雨上がりのレインボー♪ | トップページ | <介護保険料>厚労相「引き上げ必要」…介護報酬増額に向け »

2008.07.27

カンボジア:与党大勝の勢い フン・セン首相続投へ

毎日新聞の記事によると

「任期満了に伴うカンボジア下院(定数123、任期5年)の総選挙は27日投票され、同日夕から開票が始まった。フン・セン首相が副党首を務める与党・人民党は3分の2を上回る議席を獲得したと、事実上の勝利宣言。首相は続投し、事実上の1党支配体制を確立。首相への権力集中がさらに強まる見通しだ。

 24の州・特別市ごとの比例代表制で、11党が候補者を擁立。有権者は812万人。

 人民党は全国に張り巡らせた組織網と資金力を生かし、終始優位に選挙を展開した。前回選挙で得た73議席からさらに上積みし90議席近くに達する勢いだ。

 野党のサム・レンシー党(前回24議席)は、政府の腐敗体質を批判して変革を訴えた。都市部の若年層らに浸透して第2党に躍進するのは確実だ。

 連立与党のフンシンペック党(同26議席)や、不正疑惑で同党党首を解任されたラナリット氏の新党は、分裂で求心力を失い、王党派は大きく後退する様相だ。

 首相は、フンシンペック党との連立を維持する方針を示しているが、人民党の大勝により事実上の1党支配体制となる。」

|

« 雨上がりのレインボー♪ | トップページ | <介護保険料>厚労相「引き上げ必要」…介護報酬増額に向け »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジア:与党大勝の勢い フン・セン首相続投へ:

« 雨上がりのレインボー♪ | トップページ | <介護保険料>厚労相「引き上げ必要」…介護報酬増額に向け »