« カンボジア国境、寺院領有めぐり緊張 タイが軍動員 | トップページ | アフリカ料理「カラバッシュ」 »

2008.07.19

ネットカフェ難民へ自立資金、高齢者就労支援 厚労省案

朝日新聞の記事によると

「政府が社会保障分野で緊急に取り組む対策として今月末に公表予定の「五つの安心プラン」の厚生労働省素案が19日、明らかになった。働く高齢者の年金額を減らす在職老齢年金制度の見直しや、住居のない非正規雇用者らへの自立資金貸し付けなどの新規政策を盛り込む。

 今後、この素案をもとに内閣官房で少子化対策や厚労省の組織のあり方についても検討を進め、与党とも調整したうえで最終案を策定。予算の手当てが必要なものは09年度の概算要求に盛り込む。

 「安心プラン」は福田首相が先月23日の記者会見で表明。政府の社会保障国民会議で議論を進めている制度の中長期的改革と並行して、すぐにでも着手でき る改革メニューを示し、社会保障政策への国民の不安を和らげて政権浮揚につなげるのがねらいだ。財源は主に、09年度概算要求基準(シーリング)のうち重 要な政策に使う「重点化枠」を念頭に置いている。

 「五つの安心プラン」のテーマは、(1)高齢者政策(2)医療(3)子育て支援(4)非正規雇用(5)厚生労働行政の信頼回復。今回、厚労省がまとめたのは高齢者政策、非正規雇用、医療。

 高齢者政策は「知恵と経験豊かな意欲のある高齢者が働ける社会の実現」として、高齢者の就労意欲をそぐと指摘される在職老齢年金制度の見直しを検討す る。現在は60〜64歳では、年金の月額と給与の合計が28万円を超えた場合に年金額を減額される。減額対象の額の引き上げや減額幅の緩和で、高齢者の就 労を後押しする。

 また、希望者全員を65歳以上まで継続雇用する仕組みを導入した企業への補助金交付や、高齢者を多数雇用する事業所への減税策を創設する。」

|

« カンボジア国境、寺院領有めぐり緊張 タイが軍動員 | トップページ | アフリカ料理「カラバッシュ」 »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットカフェ難民へ自立資金、高齢者就労支援 厚労省案:

« カンボジア国境、寺院領有めぐり緊張 タイが軍動員 | トップページ | アフリカ料理「カラバッシュ」 »