« カンボジアとタイの国境紛争 両軍撤退の動きなし 長期化、拡大の懸念も | トップページ | 「療養病床の削減」の抑制で 医療・介護費が1800億円の負担増 »

2008.08.05

カンボジア:ポル・ポト大虐殺 来月にも特別法廷開廷 裁かれねば正義ない

毎日新聞の記事によると

「カンボジアのポル・ポト政権時代(75~79年)の大虐殺を裁く特別法廷が9月にも開廷する。知識人らの処刑や過酷な強制労働で当時の国民の4分の1に当たる170万人の命が奪われたとされる悪夢の時代から30年。虐殺を逃れて生き延びた人たちは、恐怖の記憶を胸の奥に押し込めながら裁判の行方を見守る。」

|

« カンボジアとタイの国境紛争 両軍撤退の動きなし 長期化、拡大の懸念も | トップページ | 「療養病床の削減」の抑制で 医療・介護費が1800億円の負担増 »

カンボジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンボジア:ポル・ポト大虐殺 来月にも特別法廷開廷 裁かれねば正義ない:

« カンボジアとタイの国境紛争 両軍撤退の動きなし 長期化、拡大の懸念も | トップページ | 「療養病床の削減」の抑制で 医療・介護費が1800億円の負担増 »