« 南極越冬隊は何を食べているのか――南極越冬隊調理担当・篠原洋一さん(前編) | トップページ | イオンモール日の出 »

2009.01.18

数馬の湯&払沢の滝

T0010008

風に吹かれて、払沢の滝を目指しましたnotes

カーナビcardashを頼ったけれど、曲がる道を間違えたのか、別方向へ。。

Img_3113Img_3116

奥多摩の地には、残雪snowが目立ちます。
同じ都内とは思えません。

Img_3122

そして、最初に巡り会ったのが、数馬の湯spa

Img_3117
Img_3119

外気温はそんなに寒くないのに、水が凍てついていますaquarius

Img_3124

奥多摩の温泉巡りもしましたが、シンプルでアットホームな感じのところでしたspa

身体が暖まったところで、そこの案内図でいくつかの滝の場所を確認。

ついに辿り着いたのが

Img_3127

車を駐め、ふらり向かうと

Img_3130

もう凍っているところもhappy01

Img_3161

さらに、てくてく歩を進めると、こんな樹や

Img_3160
Img_3158

味のある素敵shineなショップがお出迎へ

Img_3155

反対側の景色も最高でしたnote

Img_3132

もっと奥に進むと

Img_3135

ついに

Img_3145

入口からあまり時間watchがかからず、到着ですsign03

払沢の滝は、日本の滝100選に選ばれているんだとか。こんな自然budに恵まれた場所があるとは、知りませんでした。

Img_3140

氷の層が、割られています。
ときどき、崩れた氷が落ちてきますsweat01

こんなところで、滝打ちの行でもしたら、精進shineできそうですねcoldsweats01

Img_3149
Img_3151

ここの水源は、地元でも使われているみたいです。

Img_3166

ここで珈琲cafeを戴き、再び、風に吹かれることに。。

Img_3163

|

« 南極越冬隊は何を食べているのか――南極越冬隊調理担当・篠原洋一さん(前編) | トップページ | イオンモール日の出 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68498/43783414

この記事へのトラックバック一覧です: 数馬の湯&払沢の滝:

« 南極越冬隊は何を食べているのか――南極越冬隊調理担当・篠原洋一さん(前編) | トップページ | イオンモール日の出 »