« BBQ@上大島キャンプ場 | トップページ | 介護職員給与1万5000円増額 待遇改善計画に交付金 厚労省 »

2009.04.19

【主張】少子化対策 「国家存亡の危機」共有を

MSN産経ニュースの記事によると

「日本は世界で最も少子高齢化が進んでいる国だ-。政府の平成20年度版少子化社会白書はこんな警鐘を鳴らした。

 白書によると、20年の人口推計で総人口に占める65歳以上が22・1%を占めたのに対し、14歳以下は世界でも低水準の13・5%となった。17年に過去最低の1・26にまで落ち込んだ合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の平均数の推計値)が19年には1・34と2年連続で微増となった点についても、「決して楽観できない状況」と指摘した。

 政府の推計によると、日本は今後本格的な人口減少と少子高齢化時代を迎える。わずか50年ほどで総人口は3割近く減り、9000万人を割り込む。年間出生数は現在の約110万人から激減し、46万人弱となる見込みだ。年齢構成も大きく変わり、65歳以上の割合は40%を超す。少子高齢化問題はまさに「国家存亡の危機」といえよう。国民一人一人がこうした危機意識を共有したい。」

|

« BBQ@上大島キャンプ場 | トップページ | 介護職員給与1万5000円増額 待遇改善計画に交付金 厚労省 »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【主張】少子化対策 「国家存亡の危機」共有を:

« BBQ@上大島キャンプ場 | トップページ | 介護職員給与1万5000円増額 待遇改善計画に交付金 厚労省 »