« 元日未明に部分月食 全国で | トップページ | 資生堂 uno "FOG BAR" »

2009.12.30

援護金41億円 回収困難…各市、時効中断へ提訴

読売新聞の記事によると

「阪神大震災で、国と兵庫県内の自治体が被災者に無担保融資した「災害援護資金」計約1308億円のうち、9月時点で約216億円が回収できておらず、うち約41億円が借受人の所在不明や破産のため回収困難となっていることが、県のまとめでわかった。2010年度に民法上の債権の時効(10年)を迎えるケースが続出する見込みで、各市は時効を中断するため請求訴訟を起こし始めた。

 制度は1995年、国が3分の2、残りを県や神戸市が負担して開始、約5万6000人に最高350万円を融資、原則として2000年から5年間で返済することになっていた。」

|

« 元日未明に部分月食 全国で | トップページ | 資生堂 uno "FOG BAR" »

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68498/47155238

この記事へのトラックバック一覧です: 援護金41億円 回収困難…各市、時効中断へ提訴:

« 元日未明に部分月食 全国で | トップページ | 資生堂 uno "FOG BAR" »