« エアーズロックの登山継続 豪環境相、観光業界に配慮 | トップページ | 関西学院大学災害復興制度研究所5年フォーラム »

2010.01.09

シベリア抑留に給付金支給へ、特措法成立見通し

読売新聞の記事によると

「第2次大戦後、旧ソ連のシベリアやモンゴルに強制抑留された人に特別給付金を支給する特別措置法案が通常国会に提出され、成立する見通しとなった。

 戦後補償の大きな課題の一つが解決に向けて前進することになりそうだ。

 法案は、民主党の谷博之参院議員ら与野党の有志議員が検討している。生存している元抑留者に、帰国時期に応じて1人当たり25万~150万円を支給する内容だ。政府に対し、強制抑留の実態調査や遺骨収集など、抑留に関する総合的な対策の実施を義務づけることも盛り込む。」

|

« エアーズロックの登山継続 豪環境相、観光業界に配慮 | トップページ | 関西学院大学災害復興制度研究所5年フォーラム »

ボランティア」カテゴリの記事

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シベリア抑留に給付金支給へ、特措法成立見通し:

« エアーズロックの登山継続 豪環境相、観光業界に配慮 | トップページ | 関西学院大学災害復興制度研究所5年フォーラム »