« 地方公共団体における事務の共同処理の改革に関する研究会 | トップページ | サンマルクカフェ »

2010.01.30

うつ、パソコンで予防 ネット療法サイト開設

朝日新聞の記事によると

「仕事や人間関係で落ち込んだり、不安を感じたりしたときに、うつ病にならないための技術を学ぶウェブサイトのサービスが始まる。考え方や行動を修正することで心を軽くする「認知行動療法」の手法を用いる。国内では例のない本格的サイトになるが、欧米ではこの手法を利用したネット療法が広がっている。

 うつ病治療を受けている人は100万人を超え、生涯で15人に1人がかかるとされている。認知行動療法は、精神療法の中で高い効果が実証された療法で、 英国では軽いうつ病患者に対して国がコンピューターによる療法を薦めている。日本でも厚生労働省が、専門家の養成や診療報酬の点数化に向け動いている。

 「うつ・不安ネット」(http://www.cbtjp.net/)。サイト運営会社ウーマンウエーブ(東京)が31日に既存のこのサイトで一部サービスを始め、本格運用は4月。当面は無料で2月下旬以降に課金する。」

|

« 地方公共団体における事務の共同処理の改革に関する研究会 | トップページ | サンマルクカフェ »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うつ、パソコンで予防 ネット療法サイト開設:

« 地方公共団体における事務の共同処理の改革に関する研究会 | トップページ | サンマルクカフェ »