« Apple CEOジョブズ氏、次期MacBook Proを直談判したユーザーのメールに「心配するな」 | トップページ | いちごちゃんタルト »

2010.03.25

特養の介護職員、医療行為の一部容認へ

読売新聞の記事によると

「厚生労働省は25日、新年度から、特別養護老人ホームで働く介護職員に、医療行為の一部を認めることを決めた。

 同日開かれた同省の検討会で、モデル事業の結果、安全性に問題がないことが報告されたため。近く都道府県に通知を出す。

 今回、認められる医療行為は、口腔(こうくう)内のたんの吸引と、チューブで胃に流動食を送る「経管栄養」の準備と経過観察、片づけなど。一定の研修を受けた介護職員が、看護職員と連携しながら行う。チューブの接続や、流動食の注入は、看護職員が実施する。

 医療行為は医師や、医師の指示を受けた看護師らにしか認められていない。」

|

« Apple CEOジョブズ氏、次期MacBook Proを直談判したユーザーのメールに「心配するな」 | トップページ | いちごちゃんタルト »

社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特養の介護職員、医療行為の一部容認へ:

« Apple CEOジョブズ氏、次期MacBook Proを直談判したユーザーのメールに「心配するな」 | トップページ | いちごちゃんタルト »