« 雨が上がり | トップページ | 南相馬市災害ボランティア 【2日目】 »

2011.05.01

南相馬市災害ボランティア 【初日】

R0023596

急きょ、GWの休みを利用して、南相馬市

渋滞を心配して、午前4時前に出発。

2日前まで、電車で行くか、高速バスで行くか迷ったけれど、荷物や移動の自由さを考えて東北自動車道を経由して、自家用車で。

桜前線を追い掛けるように、北上。

福島に入ると、地震の影響でしょうか、道路が一部、波打っています。
鏡石PAでは、仮設トイレが設置されていました。

さらに、高速を飛ばすと、屋根にブルーシートがかかった家が目立つようになりました。
阪神淡路やに新潟中越を思い出し、心が痛む。

午前9時過ぎ、南相馬市鹿島区に到着。 自宅から約5時間の道のりでした。
途中、プレハブの仮設住宅の現場を見かけました。

R0023622

窓ガラスが割れたままの体育館

R0023625

南相馬市原町区に向かう途中です。

 R0023600

街中は普段通りの様子だったので、興味本意で海辺へ。

半壊した土蔵、畑に打ち上げられた船たち。
怖くなったので、引き返しました。

R0023603

一度、今回の活動拠点となる原町区へ

R0023606_2
R0023607
R0023609

その後、足を延ばして相馬市方面へ。

道の駅に立ち寄り、情報収集。

R0023613
R0023615
R0023618

その後、一般道を流していると、北海道の友人から話を聞いていたツルハの看板を発見。

R0023626

そして、ありえない光景が。。

TVを通じて知っていたつもりだったけれども、あらためて目のあたりにすると、被災のもの凄さを認識させられました。

R0023621
R0023633
R0023635
R0023636
R0023638
R0023640
R0023642
R0023644
R0023647
R0023650
R0023652
R0023654
R0023657
R0023659

いままで、多くの被災地を見てきたつもりでしたが、あまり食欲がわきません。

自衛隊の車両が普通にいる現実。
彼らも、また何を見てきたことでしょう。

R0023660

何か口にしなくてはと思い、ランチタイムには、開いていたお店で塩豚骨ラーメンを戴きました。

R0023663

そして、予約していた宿に入り、仮眠を取り、明日への英気を養いました。

R0023667

目の前のコンビニは4月下旬から再開されているようで、助かります。

そして、夜の町をふらつき、定食屋で日替り定食を戴きました。

R0023669
R0023670

|

« 雨が上がり | トップページ | 南相馬市災害ボランティア 【2日目】 »

ボランティア」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南相馬市災害ボランティア 【初日】:

« 雨が上がり | トップページ | 南相馬市災害ボランティア 【2日目】 »