« 沼津へGo♪ | トップページ | 北山公園 »

2013.06.23

野音でピース2013

Gr000762

馬場俊英さんのツアーファイナル「野音でピース2013」に参加してきましたnotes

会場は、屋外の日比谷野外音楽堂ですsweat01

YAON DE PEACE 525LIVE TOUR 2009 〜ファイティングポーズの詩以来の3度目でしたscissors

さてさて、日比谷公園は、大都会のオアシスみたいなところですbud

Gr000765
Gr000772
Img_3403

曇り空でスタートしましたが、雨雲が忍び寄り、「スタートライン」のあたりから、かなり降り始めましたrain

傘を差すことができないので、雨合羽を購入される方もsweat01

途中で上がりましたが、ここまで打たれるのは、初めてですcoldsweats01

01. 明日へのフリーウェイ
02. スニーカードリーマー
03. オセロ・ゲーム
04. 君はレースの途中のランナー
05. 青春ラジオ
06. 人生という名の列車
07. 小さな頃のように
08. スタートライン
09. 弱い虫
10. 三つ葉のクローバー
  (※ コブクロの小渕主任と、ババコブで)
11. 風の中のエバーグリーン
  (※ コブクロの小渕主任と。昨晩完成した新曲)
12. 平凡
13. ラーメンの歌
14. 向かい風は未来からの風
15. 勝利の風
16. ロードショーのあのメロディ
 (※ 珍しく、インクルード曲なし)

アンコール

17. ボーイズ・オン・ザ・ラン
 (※ コブクロの小渕主任も交えて)
18. 君の中の少年
19. 男たちへ女たちへ

今回、ババコブによる「三つ葉のクローバー」は期待していましたが、ババコブによる新曲「風の中のエバーグリーン」のお披露目もありましたclover

今回は、馬場さんが詩を書き、小渕主任が作曲を手がけることに。。

1ヶ月程前に、馬場さんが小渕主任に詩を提供後、コブクロとしてもLIVE TOURを開催中で、先週の埼玉公演後、ようやく小渕主任から連絡があったとか。

そして、手直しを加えながら、昨晩、完成したのが「風の中のエバーグリーン」でしたnotes

普通、それすらも珍しいことなのに、アンコール最初の曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」にも小渕主任がギターとコーラスで参加したり、終演後、メンバー一同が挨拶する際にも呼び出されたり、サイン入りのボールを投げるときにも参加したりと、小渕主任大活躍でしたhappy02

Img_3409

そして、どうにか地元に戻ったあと、馬場さんとの約束どおり、昔ながらのラーメンを、美味しく戴きましたんnoodle

Img_3413
Gr000779_2

最後に、会場で出逢えたコブファミさん 兼 馬場ヘッズさん、感謝ですshine

Gr000782


【追記】

早速、写真付きで紹介されていますねchick

【追記2】

【追記3】

当日のステージに掲げられていたのは、こんな感じのメッセージでしたsign03

BABA
TOSHIHIDE

ON THE NEVER ENDING ROAD


こだわりのある、馬場さんのことnotes

今回のLIVEで、長年活動を共にしたバンドメンバーともお別れをしつつも、諦めでもなく、果てしない道をこれからも歩んでいくんだという強い意志を感じましたscissors

|

« 沼津へGo♪ | トップページ | 北山公園 »

コブクロ」カテゴリの記事

馬場俊英」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68498/57653042

この記事へのトラックバック一覧です: 野音でピース2013:

« 沼津へGo♪ | トップページ | 北山公園 »