« 海ほたる | トップページ | 馬場俊英 BHC Spring Camp 2015 〜大新年会〜 »

2015.01.17

あれから、20年

20150117_133610

あれから、20年

東京も少し揺れて、目が覚めた記憶がうっすらとある

20年経てば、いいかげんなもので、記憶もあいまいになる


当時、社会人だった

2月に東灘区へ、3月に長田区の小学校に入り、ボランティア活動に参加した

海外でのNGO活動を経験していた縁で、足を運んだ

新幹線で大阪に到着し、そこから在来線を利用しながら、目にした景色

映画ではない、押し潰されてしまった非現実的な光景

受け入れたがった

恐怖した

目的地にたどり着くまで、念仏でも唱えるかのように、手のひらをあわせて、ただひたすら突き進んだ


学生のグループもあれば、ボランティア団体も、もちろん、個人で参加もありさまざまであった

ボランティアに参加した学生が、単位として振り返られたりもした


避難場所となった小・中学校には、被災者とボランティアを結ぶ拠点だった

理科室が、ボランティアの寝泊まりする場所で、持ち込んだ寝袋に、散らばっていた毛布にくるまって、夜を過ごした


毎朝、届く、おにぎり、菓子パン、サンドイッチなどの食料を受け取った

校内の清掃や、救援物資の受け入れ、夜には自警団を組んで、見回りをした

発生直後、寝室内の家具が倒れて、どうにか生き残った話を聞いた

ちょっとした会話の中で生まれた笑顔に、心が救われた


また、振り返ると拠点となった小・中学校の運営は、 3つに分類されるという

自治会などの地域基盤がしっかりした地域は、自治会が運営する避難所

校長先生、教頭先生がが、主な運営する避難所

ボランティアグループが、主な運営する避難所


後日、ボランティア元年と言われた

NPO法成立の契機にもなった


活動に参加し、体験したことは貴重な糧となった

その後、国内の被災地の活動にも、顔を出すようになった

しかし、都市部の災害として、悲しい現実を突きつけられたことは、決して忘れない

忘れられない

|

« 海ほたる | トップページ | 馬場俊英 BHC Spring Camp 2015 〜大新年会〜 »

ボランティア」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから、20年:

« 海ほたる | トップページ | 馬場俊英 BHC Spring Camp 2015 〜大新年会〜 »