« どんど焼き@花小金井小学校 | トップページ | 世界ハンセン病デー特別企画「朗読劇『あん』と映画『あん』 »

2018.01.27

「雪かき」に見る、地域力

Img_5810

東京では、1月22日(月)から雪が降りはじめ、交通機関の乱れなども、もたらしましたね。

普段は30分程かけて、自転車通勤をしていますが、翌朝は、少し早めに電車で出かけました。

まだ、1月23日(火)の時点では、新雪が30㎝ほど積もっただけなので、アイスバーンの怖れはありません。

7時過ぎから、職場で「雪かき」を始め、仲間とともに、少しずつ雪の山を築いていきました。


その後、お日様が当たり、きちん除雪されたところはいいのですが、1月24日(水)頃から、足跡や、クルマの走行で踏み固められたアイスバーンが、目立つようになりました。

雪国ではないので、知識や技術、環境が、整ってないのはわかりますが、、、

普通に、自電車や革靴で、通勤・通学する姿に、目を疑ってしまいます。

クルマも、スタッドレスやチェーンではなく、ノーマルなまま移動し、スリップしたり、追突されそうな光景を目にしました。


そこで、振り返り、感じたことは、安心・安全な地域とは、きちん「雪かき」されているところではないでしょうか。

地域の繋がりが希薄化し、自分のことだけで精一杯なのは、わからないでもないですが、早期発見・早期対応が、危険なアイスバーンを作らない秘訣だと思います。

「できない」「やらない」「見過ごす」では、なんの問題解決に至りません。

地震や台風などの災害は、いつ何時、どんな問題が起きるか、誰にも予測つかないものです。

まずは、お互い様の精神から、身近なところから「雪かき」を始めてみては、いかがでしょうか。


ちょっとした愚痴になりますが、団地の駐車場にマイカーを駐めていて、「雪かき」のために向かったら、両隣は、綺麗すっきり、除雪してありました。

が、マイカーの前には、雪山ができていて、出すことも、ままなりません。


また、関連して、他の地域活動でも、同じことが言えるかもしれません。

特定の意識を持った人が、発起して、仲間を集め、活動の輪を広げていくものです。

そこから先、継続させていくことも重要ですが、新しい問題が生まれたら、解散、再構築していくのも、一つの選択肢として捉えています。

そして、カリスマのあるリーダーが倒れたら、その地域活動が続かなくなってはいけません。

きちんと世代交代できる仕組や、仕掛けも必要ですよね。

|

« どんど焼き@花小金井小学校 | トップページ | 世界ハンセン病デー特別企画「朗読劇『あん』と映画『あん』 »

コミュニティ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68498/66328223

この記事へのトラックバック一覧です: 「雪かき」に見る、地域力:

« どんど焼き@花小金井小学校 | トップページ | 世界ハンセン病デー特別企画「朗読劇『あん』と映画『あん』 »